アングリー・ビーバーズ

ストーリー

普段は仲良し、でもケンカが絶えないビーバー兄弟ノーブとダゲット。

2人の役割分担は簡単に言うと、ノーブが発案係ならダゲットは実行役。そんな2人は、兄弟愛を学びながら、 時にはベストフレンド、時にはライバルとなり、お互いにとってベストな生きる道を見つけるために奮闘中。 でも果たして、うまくやっていけるのか?

 

キャラクター

 
ノーブ

ノーブ

ひとりよがりな兄のノーブ
いつも主導権を持ちたがるずるがしこいノーブ。 ひとりよがりな面では、ノーブはダゲットと同じくらい心もとない。 しかし、その臆病な面を隠すのが上手。 ダゲットに比べて温厚なノーブは、 大冒険へ真っ先に飛び出すというよりもゆっくりと座ってココアを飲むタイプ。 ちなみにダゲットより4分だけ年上。

ダゲット

ダゲット

神経質な弟のダゲット
弟ということに対して非常に感情的。衝動的で、とても神経質、かつ集中力が低い。 トゲトゲしたイライラのかたまりのような存在でもあるが、 クリスマス・イブの子どものようにいつもそわそわと落ち着きがない…。