アバター 伝説の少年アン

アバター 伝説の少年アン

最新のFlashPlayerをインストールしてください

ストーリー

その昔、水、土、火、気の4つの国で成り立っていた。各国には水、土、火、気のそれぞれの技をあやつるベンダー(使い手)が存在し、彼らベンダーの中で、4つの技をすべて使いこなせる唯一の者が『アバター』と呼ばれていた。アバターによって世界の秩序を保たれ、人々は平和に暮らしていたが、火の王国が他の国を攻撃してからは、世界の秩序は崩れてしまった。アバターだけが世界平和を取り戻すことができるのだが、アバターの後継人はたった12歳の少年アン…。しかも、彼はまだ「気」の技しかマスターしていないのであった…。

2010年7月17日より、ハリウッド制作の実写版映画「エアベンダー」が公開。
監督は、「シックス・センス」「サイン」などを手がけたM・ナイト・シャマラン。
日本を始め、世界中で上演されている。

 
キャラクター相関図

キャラクター

 
アン

アン

たった12歳の伝説の少年、アン
「気」の民の最後の生き残りで、物語の主人公。荒れた世界を唯一救うことが出来るアバター。100年前に氷の中に閉じ込められてしまうが、偶然カタラたちに発見され、救い出される。完ぺきなアバターになるため、さまざまな試練に立ち向かう。

カタラ

カタラ

心やさしい水の民出身の14歳の少女
自分の可能性を信じ、自分の部族を救うため、「水」の技をマスターしたいと一生懸命修行中。幼いころに母親を亡くしたこともあり、責任感の強いしっかり者。アンとサカのふたりを上手にまとめる役でもある。

サカ

サカ

部族の復讐(ふくしゅう)を誓うカタラの兄
自分が一番正しいと信じている典型系的なティーンエイジャー。父親を目標にし、自分たちの部族を滅ぼした「火」の王国へ立ち向かう。乱暴者だが、忠誠心は固い。

トフ

トフ

盲目の「土」の使い手
地の国に住む貴族ベイ・フォン一家の一人娘。過保護な両親の元で育ち、少し横柄な性格の少女。 アンを完璧なアバターにするために「土」の力を伝授することに協力する。

ズーコ

ズーコ

「火」の王国の王子
ごう慢な性格のせいで一族から見放され、王国を追放されてしまう。彼の名誉を取り戻すのはただひとつ、伝説のアバターであるアンとその一行をつかまえること。

モモ

モモ

翼の付いた、アンのペットのキツネザル
嗅覚(きゅうかく)にすぐれ、危険を敏感に察知する。発達した手足のおかげで人間と同じような動きが可能。

アッパ

アッパ

空を自由に飛べるバイソン
巨大な体の背中にアンたちを乗せ、どこへでも連れて行ってくれる。 アンたちの重要な旅の移動手段でもあり、大切な仲間でもある。