ホーム > キャラクター > アバター 伝説の少年アン

アバター 伝説の少年アン

最新のFlashPlayerをインストールしてください

ストーリー

12歳の少年アン
その昔、水、土、火、気の4つの国で成り立っていた。各国には水、土、火、気のそれぞれの技をあやつる能力を持つベンダー(使い手)が存在し、彼らベンダーの中で、4つの技をすべて使いこなせる唯一の者が『アバター』と呼ばれていた。アバターによって世界の秩序を保たれ、人々は平和に暮らしていた。しかし、火の王国が他の国を攻撃してからは、世界の秩序は崩れてしまった。アバターだけが世界平和を取り戻すことができるのだが、アバターの後継人はたった12歳の少年アンだった。しかも、彼はまだ「気」の技しかマスターしていないのであった…。

キャラクター

アン

「気」の民の最後の生き残りで、物語の主人公。
荒れた世界をゆいいつすくうことが出来るアバター。おおむかしアバターであることを受け止められず、逃げ出したその夜にあらしにそうぐうし、氷の中に閉じ込められてしまう。しかし100年後にカタラたちに発見され、救い出される。

カタラ

心やさしい水の民出身の14歳の少女。
自分のかのうせいを信じ、自分のぶぞくを救うため、水の技をマスターしたいといっしょうけんめい、しゅぎょうちゅう。幼いころに母親を亡くしたこともあり、せきにんかんの強いしっかり者。アンとサカの間をえんかつにするまとめ役でもある。

サカ

自分が一番正しいと信じている典型系的なティーンエイジャー、カタラの兄。
自分の父親を目標にし、自分たちの部族を滅ぼした火の王国へのふくしゅうをちかう。らんぼうものだが、ちゅうせいしんは固い。

モモ

翼の付いたキツネザル。アンのペット。きゅかくにすぐれ、危険をびんかんに察知する。発達した手足のおかげで人間と同じような動きが可能。

アッパ

アンたちの旅の移動手段となるバイソン。空を飛ぶことができる。

ズーコ

火の王国の王子。
ごうまんな性格のおかげで、一族からみはなされ、王国をついほうされてしまう。彼のめいよを取り戻すのはただひとつ、アバターをつかまえること。